プロフィール

あきら

Author:あきら
約10年続いたパチンコ依存・ニコチン依存・共依存から回復しつつ,ただいま人生改革中。

Main Site

ココロの荷物のおろしかた

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
やっぱり
知人が,亡くなりまして。

本当に,「知人」,すなわち「知っている人」としか
表現できないくらいにご縁の薄い方で,
かろうじてお名前とお顔が漠然と一致するくらい。

だから,お通夜にもお葬式にも行っていませんし。
亡くなられたことも,これまた「知人」のブログで知ったくらいで。
その方のことは本当によく知らないのですが。

でも,私よりもお若くて。
とてもエネルギッシュでな方で。
こんなに早く旅たたれるなんて。
私でも驚いたくらいだから,
身近な方々の心中はいかばかりかと思います。

それで,思ったのですが。

やっぱり,やりたいことやらないとダメですよ。
生きたいように生きなきゃダメだ。

別に,自分勝手に生きろっていうわけじゃないです。

誰かのために自分のやりたい事を我慢して生きよう,
っていうならそれでもいいんです。

どんなにやりたくでも出来ないって
諦めるならそれでもいいんです。

ただ,その選択は自分でしたのだということさえ
自覚していれば。

「あの人がああ言うから」
「この人がこうだから」
「うちは○○だから」
「どうせ私は××だから」

って,人や環境や才能のせいにしなければいいんです。

いえ,してもいいんですが。

ただそうやって,誰かの,何かのせいにする人生は
とても貧しいと思うんです。

「誰か」に貸し出せるほどの人生だってことですから。

死ぬ間際に後悔しない人生っていうのは,
実際かなり難しいのかもしれません。

でも,周りに責任をとってもらおうとする「恨み」と
自分で責任を取ろうとしてする「悔やみ」とは
全然違うと思うので。

ちゃんと「生きた」と思える生き方をしたいです。

…支離滅裂?

スポンサーサイト
【2008/07/26 00:12】 | 日々つれづれ | コメント(0) | page top↑
とりあえず許してみる
「自分を好きになろう」とか
難しい人には途方もなく難しいことなんですよね。

その方がいいっていうのはわかっててもね。

考えれば考えるほど,
好きになれる要素を見つけられなくて,
ますますダメな自分が見えてきて,落ち込んだりとか。

そういう人は,とりあえず,
そういう自分を許してみるといいと思います。
自分の欠点とか,失敗とか,情けないとことか
とりあえず

「まあいいか」
「こういうやつもいるよね」

って許してみる。

自分を,自分の友達のように,手のかかる妹の,弟のように。
ちょっと自分から切り離して。

ああ,こいつこういうヤツだよね,
でも根は一生懸命だしね,
反省してるしね,
って,許してみる。

存在そのものが許せないくらい嫌いな他人って
実はそんなにいないと思うんですよ。
少なくとも,そうあちこちにはいない。

一歩引いて,他人のように自分を見てみると,
まあそんなに嫌わなくてもいいか,
それはちょっと気の毒か,
って思えてくるかも。

そしたら,
「あんたも頑張ってるよね」ってちょっと労ってやって。

その繰り返しで,そのうち好きって思えるようになるかも。


はい,恒例のゲームのお話。
「幻想水滸伝5」のプレイ日記です。




read more...
【2008/07/23 03:13】 | 日々つれづれ | コメント(0) | page top↑
奇跡の作品
最近,「きらきらひかる」というドラマの再放送を見ました。

このドラマはオンタイムでも見てたんですが,
いやもう10年も前のドラマなんですよね。

深津絵里さんも鈴木京香さんも若い若い!

でもねー,10年経った今観ても,面白いと思います。
再放送も何回も見てるのに,それでも面白い。

メインの女性4人が4人とも,
全く違う格好よさ。

オープニングからスタイリッシュで本当に格好良い。

いやー,オンナっていいよね,って思わせてくれる作品で,
大好きでした。

スペシャルはあったけど,ヘタに2とか作らなかったことも含め,
本当に良い作品だったと思ってます。

こういうのって,作り手の好みと受け手(視聴者)の好みが
いいポジションで一致した,ある意味奇跡的な作品だと思う。

同じ作家で同じ演出家で別のドラマを作っても,
多分同じクオリティは作れない。
(井上由美子さんのシナリオは好きだし,
いつも一定のクオリティは保たれていると思いますが)

脚本家・演出家他のスタッフと,
これしかないっていうくらい嵌ったキャストに加え,
受け手が求めている流れに絶妙にマッチしたタイミング。

たまにそういうのに出会うと,
人間って凄いなあって,思ってしまうのです。



さーて。いつものゲームのお話。

read more...
【2008/07/19 00:38】 | 日々つれづれ | コメント(0) | page top↑
暑くなりました
すっかり夏日ですね。

梅雨はもう明けたのでしょうか。
もはやクーラーが欠かせません。

洗濯物が気持ちよく乾くのは嬉しい限りなんですが。

さて恒例のゲームのお話。

興味ない方・ネタバレ嫌な方はスルースルー。

あ,ゲームのネタは「幻想水滸伝」シリーズオンリーです。
read more...
【2008/07/05 23:43】 | 日々つれづれ | コメント(0) | page top↑
2008年も半分終わり
あっという間に6月も過ぎて,
気づけば今年も半分終わったんですね。

今年の目標はぜ~んぜん消化できてないですねぇ。
でもあまりムキになって目標を追いかけるより,
その時々にやりたい事や興味のあることを
優先したと思います。

ゲーム三昧の言い訳ではないですが^^

はい。ここから先はゲームネタ。
もはや注意書きも要らない気がしますが。

たま~に検索で飛んでくる方もいらっしゃるようなので。

自己満足のゲームの話なんざつまんねえよ,な方,
「幻想水滸伝」シリーズのネタバレ嫌な方は,
さらりとスルースルー
read more...
【2008/07/01 22:00】 | 日々つれづれ | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。